二重整形は未成年でも受けられる?必要なものや注意点を紹介!

大きな瞳や、ぱっちりとした眼に憧れ、二重整形で綺麗な二重を手に入れたいと考えている人は多いと思います。

プチ整形という言葉もあるように整形のハードルは近年大きく下がってきており、手軽に施術を受けられるようになってきました。もしかしたら学生の方でも夏休みや冬休みを利用して二重整形を受けてみたいという人は少なくないかもしれません。

しかし、ハードルが下がっているとはいえ二重整形も手術の一つです。未成年でも受けることは可能なのでしょうか。

ここでは未成年が二重整形を受けられるのか、その際に必要なものや注意するべき点について詳しく紹介していきます。

二重整形とは

二重整形とはその名の通り希望する二重を作るための施術を指します。大きく分けて切開をしない【埋没法】と切開を行う【切開法】という2つの施術方法があります。

埋没法

埋没法医療用の糸と針によってまぶたを縫い留めることで二重を作る方法です。ダウンタイムが少なく、施術にかかる時間も短い、いわゆるプチ整形と呼ばれるもので基本的にはメスを使いません

ただし、後戻りのリスクがあり、時間経過や糸が切れることで元の状態に戻ってしまう可能性があります。しかし、その特性から術後の仕上がりに納得がいかない場合などの修正はしやすいと言えます。

切開法

切開法メスによる切開によって二重を作る方法です。希望する二重のデザインを決めたら、そのライン上にメスをいれ、余分な脂肪や皮膚を切除します。これによって二重のタイプや線の濃さなど様々な要望に合わせた二重を作れます。

この施術法は切開を伴うため、体への負担が大きくダウンタイムは長引く傾向にあります。その分、一度施術をした場合は効果の長期的な持続を期待できます。

未成年が二重整形を受ける場合は親権者の同意書が必要

二重整形は未成年でも受けられます。しかし、施術を受ける際は基本的に同意書の提出が必須で、未成年の場合には親権者の同意が必要です。そのため両親のどちらか1人(いない場合は法的な親権者)に同意書への署名をしてもらわなければなりません。

また、一般的に1つの施術に対して1枚の同意書が必要になります。そのため、もし複数の施術を受けたいと考えている場合はその数分の同意書を用意しましょう。

未成年でもモニターへの応募や医療ローンを組むことは可能

クリニックによってはHPやパンフレットに経過や術後の写真を載せることを条件に施術の費用を通常よりも安くするモニターを募集している場合があります。

それぞれ募集する施術や条件が異なるため、詳しくはクリニックへ確認しなければなりませんが、基本的には未成年でも応募することは可能です。その場合施術の同意書とは別にモニターへの同意書が必要で、未成年の場合はこちらも親権者の署名を得る必要があります

また施術の費用は保険が適用できず高額となるため、医療ローンを希望する場合もあるかと思いますが、18歳以上であれば本人の名義でローンを組むことは可能です。ただし、18歳以上20歳未満の場合は親権者に連帯保証人となってもらう必要があります。また未成年を理由に審査が通らないケースもあるため注意してください。

18歳未満の場合は親権者名義でないとローンを組むことはできません

医療ローンを組む際に必要なもの

未成年が医療ローンを組むときは身分証明書、銀行届印鑑、銀行口座番号がわかるもの(通帳またはキャッシュカード)、学生の場合は学生証、親権者の同意書などが必要になります。

クリニックによって提出しなければならないものが異なる可能性があるため詳しくは手術を受ける際に確認するようにしましょう。

未成年が二重整形を受ける場合の注意点

同意書だけではなく保護者の同伴や電話確認が必要な場合がある

ほとんどのクリニックでは同意書の提出だけではなく、同意書に親権者本人が署名したかどうかの電話確認や実際に保護者の同伴を求めてきます。そのため親権者の同意が得られないからといって自分でサインしたり代筆を頼んだりしても手術を受けることはできません。

術後のトラブルを防ぐためにも、不正な同意書を用意することは絶対にやめましょう

当日に予定外の施術を受けることはできない

1つの施術に対して同意書は1枚ずつ必要になります。そのため施術当日に別の施術を組み合わせて行いたいとなった場合でも同意書のない施術を行うことはできません

その場合は別の同意書を用意し、また日程を改めて施術しなければならず、二度手間となってしまいます。こういった事態を避けるためにも事前のカウンセリングはしっかり行い、自分の希望を明確にしておきましょう

成長に伴ってデザインが変わってしまうことがある

未成年の場合、まだ顔の造形や身体の成長が完成されていない場合があります。その状態で美容整形を受けたとしても、成長にともなって顔の印象が変わったときに整形した部分とバランスが取れず違和感が現れたり、二重の形が変わってしまったりする可能性があります。

もし未成年で二重整形に限らず美容医療を受けることを考えている場合は、本当に必要な施術かどうかをよく考え、カウンセリングなどをより入念に行って自分に合った施術を選ぶことが重要です。

二重整形を検討中ならまずはカウンセリングから

二重整形について気になることがある場合はまずクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。細かい説明は状態や仕上がりの様子を見てからでないとわからないので、実際に行って見てもらうことが一番です。

事前に口コミや評判だけでなく、症例や資格などを見て信頼できそうな医師かどうかを確認しておくといいでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*