妊娠中や授乳中では二重整形は受けられない?理由や受けた場合の対処法を紹介

妊婦になると体つきや顔つきも少しづつ変わってくると言われています。そんな時に、むくみなどで満足に二重にならず、整形を検討する人も少なくありません。

そこで今回は、そんな二重整形を検討している妊婦さんが、知っておきたい様々な情報を紹介していきたいと思います。

妊娠中に二重整形を受けることはできない

基本的に、妊娠中は美容整形の施術を受けることは難しいと言われています。痛みを緩和させるために打つ麻酔や注射などが胎児に負担をかけてしまうことから、施術を避けるべきとされています。

また、体質の変化などで薬の効き方やその日の肌質なども変わってくるため、施術を受けたとしても満足のいく仕上がりを実感できない可能性もあります。

授乳中であれば施術を受けられる場合がある

クリニックによっては授乳時であれば二重整形を受けることができる場合もあります。その場合は、使用する薬剤や麻酔などは、母乳に影響が出ない範囲で用いる必要があるため、事前に医師に授乳中であることを申告することが大切になってきます。

妊娠中・授乳中に施術を受けてしまった場合はクリニックに相談しましょう

妊娠が発覚発覚する以前に二重整形を受けてしまった場合は、思わぬ影響が母体や胎児に及んでしまう可能性もあります。そのため、そのような場合は早めに施術を受けたクリニックに相談することが大切です。

また、かかりつけの産婦人科にも相談して、対処してもらう必要もあります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*