二重整形にはどんな種類がある?埋没法と切開法の方法の違いは?

は人の印象を決める大事なパーツです。そのため一重にコンプレックスを持っていたり、ぱっちりとした二重に憧れて二重整形を考えている人もいると思います。

では二重整形の具体的な方法はどんなものがあり、それぞれどんな特徴があるのでしょうか。

ここでは二重整形の種類とそれぞれのメリット・デメリット、整形後のデザインの参考として二重まぶたの種類について紹介してきます。

二重整形の種類は大きく「埋没法」と「切開法」の2種類

メスを使わず縫い留める埋没法

埋没法メスを使わずに医療用の糸と針を用いて二重を作る施術でその持続期間には限りがあります。

糸はまぶたの中に留まり、二重のラインを維持し続けますが、留める箇所や数によって施術後の二重の形をデザインすることが可能です。また、留める数が多いほど施術の持続も長くなる傾向があります。

□メリット□
埋没法のメリットはメスを使わないという手軽さとそれにともなうダウンタイムの短さです。抜糸の必要もないため、施術後の通院もいりません。

施術時間は5~20分程度で、洗顔や軽い入浴ならば当日から可能です。

また、糸を切ればまぶたの状態は元に戻るため、修正がしやすいことも利点として挙げられます。

□デメリット□
持続期間に限りがあるという特徴があります。特に1点しか留めない施術の場合はその特徴が顕著です。持続的な効果を望む場合は、施術を繰り返し費用がかさんでしまう可能性があります。

また稀ではありますが、埋没させた糸が透けたり、糸が出てきて眼球に違和感が現れるリスクが考えられます。

メスを使い半永久的な効果のある切開法

切開法は、二重にしたいラインの上から切開を行い余分な脂肪や皮膚を除去することで、二重を作る施術です。

クリニックによっては効果の持続を高めるために挙筋と呼ばれるまぶたを引き上げる筋肉を固定する施術を同時に行うところもあります。

□メリット□
効果が半永久的に持続する点が大きなメリットです。また二重のラインも深くはっきりとしたものを作れます。

その他にも二重のデザインを細かく行いやすい、脂肪やたるみの除去によって目元がスッキリするなどの利点が挙げられます。

□デメリット□
切開をともなう施術のためダウンタイムが長くなる傾向があります。目安としては強い腫れが1~2週間程度続き、時間経過でだんだんと目立たなくなっていくようです。そのため、施術を受ける際はまとまった休みが必要になります。

そして切開の跡が目立ちやすいという点にも注意しなければなりません。目を開いているときにはわからなくても、目を閉じると手術の跡が分かってしまう可能性があります。

また、皮膚や脂肪の切除をともなうため、施術後に仕上がりが気に入らなくても修正が難しい点もデメリットです。

二重まぶたの種類は大きく「平行型」と「末広型」の2種類

一口に二重まぶたといっても様々な種類がありますが、大きく「平行型」と「末広型」に分けることができます。

くっきりとした印象の平行型

目頭から目尻まで目と平行のラインが出ている二重が平行型です。欧米人に多く、目がくっきりと強調されます。またメイク映えしやすいとも言われています。

ナチュラルな末広型

末広型は二重のラインが目頭と繋がっており、目尻へ行くにしたがって幅が広くなるタイプの二重です。二重の日本人はほとんどこの末広型だといわれており、違和感の少ないナチュラルな印象を与えます。

二重整形後の腫れを抑える方法

施術後の腫れや痛みを抑えるためにはできるだけ安静に過ごすことが重要です。特に切開法の場合はダウンタイムの期間も長く症状も強いため術後のケアが大切になります。

まず長時間の入浴、激しい運動、アルコールの摂取など血行を促進するような行動は症状を悪化させる恐れがあるため落ち着くまでは控えた方が安心です。

またまぶたを冷やすことで腫れを抑える効果が期待できるため術後2日程はアイシングを行うことが推奨されています。

具体的なメイクやシャワー・入浴の解禁はクリニックや施術によっても異なるためしっかりと医師の話を聞き指示を守るようにしましょう

二重整形で失敗しないためのポイント

二重整形の施術を選ぶ際はそれぞれのメリット・デメリットをしっかり理解した上で、自分の希望やライフスタイルとバランスを取りながら決めるようにしましょう。

また、未熟だったり経験の浅い医師による施術は、希望通りの結果にならなかったり、内出血や腫れなどのリスクを高めたりする場合があります。できるかぎり施術経験の豊富な技術力の高いクリニックを選んでください。

そのためには、費用だけではなく、クリニックに在籍する医師の勤続年数や学会の発表、実際に施術を受けた人の声などを総合的に判断して検討することが重要です。

それに加えて、実際のカウンセリングを通してクリニックの印象や、対応の仕方、清潔感などを確かめるようにしましょう。

二重整形でお悩みの方はまずカウンセリングから

二重整形について気になることがある場合はまずクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。細かい説明は状態や仕上がりの様子を見てからでないとわからないので、実際に行って見てもらうことが一番です。

事前に口コミや評判だけでなく、症例や資格などを見て信頼できそうな医師かどうかを確認しておくといいでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*