二重整形を受けた後で運転はしていいの?行う際の注意点など紹介

二重整形はコンプレックスだった一重を改善して二重にすることで、目元の印象を大きく変えることができる施術です。

そんな施術を終えた後、車で帰宅を検討している方もいるのではないでしょうか?しかしそこには、思わぬ注意点が存在しています。

そこで今回は、そんな二重整形後の運転に注目して、知っておきたい様々な情報をご紹介していきたいと思います。

二重整形の直後に運転はしてもいい?

クリニックや医師の見解にもよりますが、基本的に車の運転に関しての制限はありません。また、二輪車に関しても同様に制限はありません。しかし、バランス感覚が鈍るケースもあるため、注意が必要です。

二重整形後に運転をする時の注意点は?

①コンタクトレンズを着用することは出来ない

車両の運転に伴い、眼鏡などの視力矯正という制限がついている人は少なくありません。しかし、その際にコンタクトレンズで視力の矯正を行っている人は、まぶたに負担がかかることから施術直後は着用することができず、運転を行うことができません。

よって、当日は視力に適した眼鏡を持参したうえで施術に臨むことが大切になります。

②まぶたが開きづらいことがある

腫れや内出血を伴う二重整形は、術後、視野が狭くなってしまうことがあります。その状態で運転を行うと前方との距離が分かりにくくなってしまうことも考えられます。

仕上がりや腫れの具合によっては、帰宅する際は公共交通機関などを利用することが大切になってくることもあるため、臨機応変に対応する必要があります。

施術を受けたあとの運転は、細心の注意を払うことが大切

このように、二重整形を行った後の運転は可能ではあるものの、制限や危険性を含んでいます。どうしても運転をして帰るというのであれば、普段の運転以上に慎重に行うことが大切になってきます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*