二重整形の翌日は腫れる?翌日の仕事で気をつけるべき2つの注意点!

ぱっちりとした二重に憧れて二重整形を検討している方も多いと思います。

しかし、仕事の都合でまとまった休みが取れない場合、施術を受けることは可能なのでしょうか。

ここでは二重整形の翌日の状態に焦点を当てて、翌日から仕事に復帰可能なのか、その際の注意点、ダウンタイムを抑える方法について紹介します。

二重整形とは

二重整形とはその名の通り理想の二重を作るための施術です。大きく分けて糸を用いた埋没法とメスを用いた切開法の2つの施術法があります。

埋没法

埋没法は医療用の糸と針による施術で、基本的には切開することなく二重を作ることができる方法です。

糸の結び方やその数は施術によって異なりますが、まぶたの裏側を縫い留め、糸が埋没して残り続けることで二重を維持します。施術時間は5分~20分程度体の負担やダウンタイムの症状を抑えられるのがメリットです。

ただし、施術の特性上、糸が切れると効果も失われるため効果の持続期間に限りがある点には注意しましょう。

切開法

切開法はメスによって希望する二重のライン上に切り込みを入れ、余分な脂肪や皮膚を切除することで様々なデザインの二重を作れる施術法です。

傷跡が二重のラインとして残り続けるため、半永久的な効果の持続が期待でき、また術後の形も調整しやすいため自由度が高い施術と言えます。

ただし、切開を伴うため、ダウンタイムが長引く傾向にある点や、仕上がりが気に入らない場合でも修正することが難しい点などがデメリットとして挙がります。

二重整形の手術翌日の腫れや内出血はどれくらいでる?

二重整形の翌日は、腫れや内出血が現れる可能性が高いです。基本的には切開法の方が埋没法よりも症状が強く出る傾向にあります。

また、手術による鈍い痛みが目元に残っていることも考えられるため、できるだけ安静にしておくことが重要です。

二重整形の翌日から仕事に復帰できる?

できることならば翌日から仕事に復帰することは控えた方が安全です。

埋没法の場合は、腫れや内出血が2~4日程度、長いケースで2週間程度続くと言われています。一方で切開法の場合、症状が治まるまで強い腫れや内出血は2週間、軽い腫れは1ヵ月程度必要です。

そのため、仕事への復帰は余裕を持つなら「2週間」少なくとも「1週間程度」はダウンタイムを確保することをおすすめします。

どうしても翌日から仕事に行く方の注意点

・目元のメイクはNG

施術の翌日は基本的に目元周りのメイクはできません。埋没法であれば施術の2~3日後、切開法の場合は抜糸の翌日から可能となるケースが多いです。

したがって、施術の翌日に仕事へ復帰する場合は、メイクによる傷跡のカバーはできない点に注意しましょう。サングラスなど目元に直接触れないような方法で隠す必要があります。

・できるだけ触れないようにする

どうしても翌日から仕事に復帰しなければならない場合は、内出血や腫れなどの症状が強く出てしまう可能性がある点に注意しましょう。

仕事の間も目元を擦ったり、触ったりしないように注意し、冷やすなどのケアをしてください。

ダウンタイムの症状を軽くする3つのポイント

激しい運動や長時間の入浴を避ける

激しい運動や長時間の入浴などの血行を促進するような行為は、内出血や腫れの症状を悪化させる恐れがあります。

そのため、症状が治まってくるまではできる限り避けるようにしましょう。また入浴する際はぬるいお湯を使う、半身浴にするなどの工夫が必要です。

患部をできるだけ刺激しない

術後の目元は非常にデリケートな状態です。擦ったり、引っかいたりすることのないように十分注意しましょう。洗顔やメイクが解禁されたあとも、優しく丁寧に扱うことが重要です。

また、施術後2日程度は患部を冷やすことが推奨されています。

技術・経験を持ったクリニックを選ぶ

施術を受ける前の話になりますが、ダウンタイムを軽減するには高い技術と経験を持ったクリニックで施術を受けることが重要です。技術力のある医師の場合は、より施術時の負担を抑えることができます。

費用だけではなく、所属する医師の勤続年数や、実際に施術を受けた人の声、学会での発表などを総合的に判断して比較検討してください。

また事前のカウンセリングを通じて、クリニックの対応の仕方や印象などを確認しておきましょう。

二重整形に不安があるならまずカウンセリングから

二重整形について気になることがある場合はまずクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。細かい説明は状態や仕上がりの様子を見てからでないとわからないので、実際に行って見てもらうことが一番です。

事前に口コミや評判だけでなく、症例や資格などを見て信頼できそうな医師かどうかを確認しておくといいでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*