二重整形の前日にやるべき2つのポイント!「◯◯」には注意が必要!

二重整形を翌日に控えた時、前日行動で仕上がりに悪影響がでる場合があります。この悪影響を出さないための注意点ややっておくと効果的なことについて今回は詳しく紹介していきます。

二重整形の手術前日に準備すべきこと

保冷剤などの患部を冷やすもの

保冷剤などで患部を冷やすアイシングは、術後の腫れ・内出血の悪化を抑制する効果があります。そのためアイシングを行えるように、ほどよい大きさの保冷剤やそれを覆うタオルなどを前日までに用意しましょう。

なぜタオルが必要なのかというと、保冷剤を患部に直接当てると凍傷や内出血の治癒スピード低下の危険性があるためとされています。

手術跡をカバーできるもの

術後のダウンタイムを終えるまでは、腫れや内出血の症状が目立ってしまいます。そのため裸眼で外出をした場合は整形バレを起こす可能性が高いです。

よって、手術跡をカバーできる眼鏡やサングラスなどが必要です。

二重整形の手術前日にやっておくといいポイント

 

仕上がりのイメージを作っておく

手術当日、術前に二重のシミュレーションを行います。このシミュレーションが最終確認になるため妥協せず時間をかけて自分の納得がいくまで行いましょう。

この際に担当医に漠然としたイメージだけを伝えると仕上がりのイメージを共有できないまま施術を行われてしまい、不自然な仕上がりになる場合があります。そのため前日までには、誰が聞いてもイメージを共有できるように具体化しておきましょう。

体調を整える

体調の偏りで術後の症状に悪影響が現れる場合があります。また体調が不調だとむくみが発生しやすく解消までの時間も長引いてしまいます。そのため手術前日は、体調を整えることに徹しましょう。

二重整形の手術前日にやってはいけないことは?

お酒は控える

お酒を体内に摂取するとアルコールの分解で大量の水分を消費するため水分不足を引き起こす可能性があります。体内が水分不足になると少しでも水分を体内に溜め込もうとする働きがあり、これがむくみの原因になります。

むくみは、術後の腫れを悪化させる危険性があり、また手術を行う際の妨げになる場合もあります。そのため手術前日は極力お酒は控えましょう。

塩分は控える

塩分には水分を吸引して溜め込む働きがあります。そのため前日に塩分が多く濃い食事を摂取するとむくみが発生する恐れがあります。手術前日は、このような食事は控えて野菜をメインにしたメニューしましょう。

身体を冷やさない

身体が冷えると代謝機能が低下し血流が悪くなります。血流が悪くなると結果的に水分を溜め込んでしまいむくみが発生します。むくみを発生させないために前日は「暖かい格好で就寝する」「入浴などを行って身体を温める」ことが大切です。

二重整形の手術内容でお悩みの方はまずカウンセリングから

二重整形について気になることがある場合はまずクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。細かい説明は状態や仕上がりの様子を見てからでないとわからないので、実際に行って見てもらうことが一番です。

事前に口コミや評判だけでなく、症例や資格などを見て信頼できそうな医師かどうかを確認しておくといいでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*