二重整形で起こる6つの失敗例|リスクを避けるためのポイントは?

目元のコンプレックスを改善することができる二重整形を他院で受けた後に「失敗してしまった…」という声もしばしば見かけます。そこで今回は、そんな二重整形の失敗に関して知っておきたい様々な情報をご紹介していきたいと思います。

そもそも二重整形とは

二重にすることが出来る施術には大きく分けて【埋没法】【切開法】と呼ばれる2種類に分けることができます。こうした施術の手法によって、身体への負担や内出血の程度なども変わってくるため、自身の受ける二重の整形方法はしっかりと把握しておく必要があります。

埋没法

まぶたに医療用の糸を挿入することで、希望の二重を作ることができる施術です。万が一仕上がりに満足いかなかった場合でも、糸を取り除くことで以前と同じような目元を取り戻すことが可能な施術です。

一方で、時間が経つにつれて糸が切れてしまう可能性もあるため、継続的な効果を期待するのであれば、向いていない施術方法と言えます。

切開法

目元の余分な皮膚や脂肪を切開、切除することによって二重を作り出すことができる施術です。こうした施術は後戻りしてしまう可能性はなく、継続的な二重を手に入れることができます。また、元々目元の皮膚や脂肪が多く、埋没法では二重を作りづらい人などにも効果的な施術です。

しかし、一度施術を行ってしまうと修正は難しいため、医師の技術力などをあらかじめしっかりとリサーチした状態で施術に臨む必要があります。

二重整形で起こりうる失敗例

①二重のデザインが違う

仕上がりのデザインが本来想定していたものと違ってきてしまうことがあります。二重幅や形といったケースだけでなく、左右差や目の大きさなども希望通りにならなかった…ということもままあります。

この場合、施術を行った医師の技量不足という点だけでなく、事前に行うカウンセリングでしっかりと仕上がりのイメージを医師と共有していないことが原因と考えられます。

②腫れや内出血が続く

目元は皮膚が薄く、細かい血管も数多く走行しているので腫れや内出血は出てしまいます。基本的には、そうした症状は時間と共に落ち着いていきますが、施術を終えてから、いつまでたっても変化が見られない場合は細菌感染や何らかの異常がある可能性があります。

③二重が取れてしまう

二重整形の中でも埋没法は医療用の糸で留めているため、いつか元に戻ってしまうと言われています。しかし、一般的には数年持つはずの糸が術後すぐに切れてしまうことで二重が元に戻ってしまう可能性も考えられます。

そうしたケースでは、まぶたの脂肪や皮膚の厚みなどに適した点数を留めることや、そもそもの留め方や留める箇所などを適切に見極めないと起きてしまうと言われています。

④糸の露出、膨らみが目立つ

先ほども記載したように、埋没法は医療用の糸を使用してまぶたを留めることで二重を作ります。しかし、その際に十分な処置が施されなかった場合は、医療用の糸が出てしまったり、そもそもの糸が膨らんで目立ってしまうことも考えられます。

特に糸の露出はそのままにしてしまうと、瞬きの際に痛みを生じたり、眼球を傷つけたりしてしまうこともあり、最悪の場合は失明してしまうことも考えられ、十分に注意する必要があります。

⑤傷が目立ってしまう

二重整形でも切開法の場合は、まぶたの表面から切開するため傷跡が残ってしまいやすいと言われています。技量の高い医師のもとで施術を行うのであれば、二重のシワに合わせて目立たせずに処置することも可能ですが、経験の浅い医師だと、切開跡が大きく残ってしまい、新たなコンプレックスを抱えてしまう可能性もあります。

⑥目元の違和感

元々一重や奥二重の人が二重に変わることで、目元に違和感を覚えることがあります。こうした症状は時間と共に慣れてくると言われていますが、いつまで経っても改善が見られないようであれば、一度医師の診察を受けることが必要になってきます。

二重整形で失敗しないためのポイント

①クリニック選びは慎重に行う

基本的に目元の施術は、特に仕上がりやダウンタイムにこだわるので有れば、医師の技術力をしっかりと見極めてから施術に臨むことが大切になってきます。

未熟な医師による二重整形を受けてしまうと、紹介した失敗のケースや思わぬトラブルに繋がってしまうことも少なくありません。

そのため、クリニックを選ぶ際は、事前に医師の経歴や専門医資格、症例数や学会活動などを参考に、信頼できる医師を選択することが大切です。

②カウンセリングは納得いくまで行う

二重の形や幅などの目元の仕上がりを失敗したくないのであれば、カウンセリングを入念に行うことも大切になってきます。

その際は、自身の希望を通すだけでなく、自身のまぶたの状態を見た医師の提案なども聞いたうえで、しっかりとすり合わせた意見を共有することも大切です。

③自分に合った二重幅にする

”似合う”二重の幅は、人によって大きく違います。そのため、「とにかく二重幅を広く!」といった要望は、施術後の後悔を招いてしまい、結果的に後戻りやダウンタイムが長引いてしまうというケースも考えられます。

そのためにも、前述した医師の提案もしっかりと耳を傾けて、適切な二重を目指すことも大切になります。

二重整形で失敗した‥と感じたらクリニックに相談しよう

二重整形について気になることがある場合はまずクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。細かい説明は状態や仕上がりの様子を見てからでないとわからないので、実際に行って見てもらうことが一番です。

事前に口コミや評判だけでなく、症例や資格などを見て信頼できそうな医師かどうかを確認しておくといいでしょう。

二重整形による二重の持続期間|埋没法と切開法でどっちが長持ちする?

二重整形は理想の二重を形成することが可能な整形法です。いくつかの術式があり、それぞれに特徴があります。その上で、今回は二重整形の持続期間について詳しく紹介していきたいと思います。

二重整形とは

二重整形とは、埋没法と切開法の2種類があります。どちらもまぶたにアプローチして理想な二重を作ることができる手術方法です。

埋没法

埋没法は糸を使用して二重ラインを作ります。そのため切開法よりも身体への負担が少なくダウンタイムの症状が軽いです。また挿入した糸を抜糸することで元のまぶたに戻すことできます。こうした点を踏まえて、「長期休暇が取れない」「手術が怖い」といった方に向いている施術方法です。

切開法

切開法は、メスを使用して二重ラインを作ります。切開法はメスを使用するため埋没法よりも身体に負荷がかかります。しかし、まぶたを切開するので理想な位置に二重ラインを形成することが可能で、デザインの自由度が高いです。「二重ラインのデザインにこだわりたい」という方に向いている手術方法です。

二重整形による二重はどれくらい持つのか?

埋没法の場合

埋没法は、糸の劣化や年月により糸が切れてしまうので持続期間はだいたい3~5年間とされています。しかし、まぶたに負荷をかけない生活を送ることでこの期間以上に二重ラインを維持することも可能で、10年以上糸が切れない方もいます。

切開法の場合

切開法は切除した後に皮膚を縫合するため持続期間は半永久的です。しかし、その分修正が難しく一度手術を行ってしまうと埋没法のように気軽にデザインの変更はできません。そのため手術を行う際は、納得がいくまで担当医と相談した上で手術を行ってください。

稀に加齢や生活習慣が原因で二重がなくなる場合があります。これは、まぶたへの負荷が蓄積することで起きてしまうと言われています。

二重整形の持続期間を長持ちさせる方法

➀目元を触れすぎない

アレルギー反応などで目元を大きくこすってしまうと患部が開く恐れがあります。また埋没法の場合は糸が切れる危険性があるので極力触れないようにしましょう。

②バランスのよい食事を摂る

偏食や過剰摂取を行うと体に脂肪が溜まったり、むくんだりしてしまうことでまぶたを分厚くなります。まぶたが分厚くなると「二重ラインの幅が広くなってしまう」「挿入している糸に負荷がかかる」といった症状が現れ、二重が消失してしまう原因になります。

よって、二重形成を終えた後もバランスのよい食事を心がけましょう。

③留める点数を増やす(埋没法のみ)

埋没法は、留める点数を増やすことで糸の耐久性や持続性を長持ちすることが可能です。しかし、点数が増える程にダウンタイムの症状や費用が大きくなるので注意が必要です。

④眼窩脂肪を吸引する(切開法のみ)

切開法を行う場合、眼窩脂肪を吸引することでより綺麗な二重をつくることができます。またまぶたの脂肪がなくなると患部の負荷が減ります。これにより加齢や生活習慣でおこる二重消失の確率を減らすことができます。

二重整形は自分に合った術式を選ぶことが大切

二重整形の持続期間をなるべく長持ちにしたい場合は、自分に合った術式を選ぶことが大切です。それを素人目で判断することは困難のため二重整形を検討している方は一度クリニックへ相談にいきましょう。

クリニックには数多くの治療方法や専門知識に長けた医師がいるのであなたの問題を瞬時に解決する道を提示してくれます。

二重整形でお悩みの方はまずカウンセリングから

二重整形について気になることがある場合はまずクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。細かい説明は状態や仕上がりの様子を見てからでないとわからないので、実際に行って見てもらうことが一番です。

事前に口コミや評判だけでなく、症例や資格などを見て信頼できそうな医師かどうかを確認しておくといいでしょう。

二重整形後に運動はいつから出来る?注意点や腫れた場合の対処法を紹介

一重や奥二重といったコンプレックスを改善することも可能な二重整形ですが、術後は運動などの日常生活に制限がかかることもあります。

そこで今回は、そんな二重整形後の運動に関する情報をご紹介していきたいと思います。

二重整形後はいつから運動できる?

基本的に二重整形後は、翌日から身体を動かすことが可能と言われています。当日に身体を動かしてしまうと、傷口が開いてしまったり、血流が促進してしまうことで腫れや内出血が悪化してしまったりする可能性があるからです。

また、腫れや内出血をしっかりと改善させたいのであれば、そもそも1週間ほどは安静に過ごすことが得策と言われています。

二重整形後に運動をする時の注意点は?

①軽い運動から始める

翌日から可能、とご紹介しましたが、激しい運動を行ってしまうと同様に傷跡が開いたり、患部が不衛生な状態になってしまったりします。

そのため、体を動かしたいのであれば有酸素運動などと呼ばれるウォーキングやジョギングから行うことが適していると考えられています。しかし、有酸素運動といっても、プールなどは衛生環境に不安が残るため避けた方がいいとされています。

②腫れや内出血が悪化したら即座に止める

症状が落ち着いてきた後、万が一身体を動かしている最中に腫れや内出血が見られる場合は運動を早めに切り上げて、安静に過ごすことが必要になってきます。

③運動後の汗を流す際には長湯しない

運動を行ったあと、汗を流すためにシャワーや入浴を行うと思います。しかし、その際に長湯をしてしまうと血行が良くなってしまい、腫れや内出血を引き起こしてしまう可能性があります。

そのため、症状が完全に落ち着くまでは長湯は避けることが大切になってきます。

運動を行ってしまい、腫れを引き起こした場合の対処法

①患部を冷やす

二重整形後、運動を行い腫れを引き起こしてしまった場合は、保冷剤などで患部を冷やして症状の緩和を図ることが可能です。その際に、直接保冷剤を患部に当ててしまうと肌が凍傷になってしまう恐れもあり、タオルやハンカチなどで包んだ状態でケアすることが大切です。

②枕を高くして横になる

枕元を心臓より高くすることで傷口の腫れや内出血を抑えることが可能です。この方法は事故や怪我などをしてしまった人にも行われる方法で、施術後のダウンタイムを短くするためにも効果的な方法と言えます。

二重整形でお悩みの方はまずカウンセリングから

二重整形について気になることがある場合はまずクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。細かい説明は状態や仕上がりの様子を見てからでないとわからないので、実際に行って見てもらうことが一番です。

事前に口コミや評判だけでなく、症例や資格などを見て信頼できそうな医師かどうかを確認しておくといいでしょう。

 

二重整形を受けた後で運転はしていいの?行う際の注意点など紹介

二重整形はコンプレックスだった一重を改善して二重にすることで、目元の印象を大きく変えることができる施術です。

そんな施術を終えた後、車で帰宅を検討している方もいるのではないでしょうか?しかしそこには、思わぬ注意点が存在しています。

そこで今回は、そんな二重整形後の運転に注目して、知っておきたい様々な情報をご紹介していきたいと思います。

二重整形の直後に運転はしてもいい?

クリニックや医師の見解にもよりますが、基本的に車の運転に関しての制限はありません。また、二輪車に関しても同様に制限はありません。しかし、バランス感覚が鈍るケースもあるため、注意が必要です。

二重整形後に運転をする時の注意点は?

①コンタクトレンズを着用することは出来ない

車両の運転に伴い、眼鏡などの視力矯正という制限がついている人は少なくありません。しかし、その際にコンタクトレンズで視力の矯正を行っている人は、まぶたに負担がかかることから施術直後は着用することができず、運転を行うことができません。

よって、当日は視力に適した眼鏡を持参したうえで施術に臨むことが大切になります。

②まぶたが開きづらいことがある

腫れや内出血を伴う二重整形は、術後、視野が狭くなってしまうことがあります。その状態で運転を行うと前方との距離が分かりにくくなってしまうことも考えられます。

仕上がりや腫れの具合によっては、帰宅する際は公共交通機関などを利用することが大切になってくることもあるため、臨機応変に対応する必要があります。

施術を受けたあとの運転は、細心の注意を払うことが大切

このように、二重整形を行った後の運転は可能ではあるものの、制限や危険性を含んでいます。どうしても運転をして帰るというのであれば、普段の運転以上に慎重に行うことが大切になってきます。

妊娠中や授乳中では二重整形は受けられない?理由や受けた場合の対処法を紹介

妊婦になると体つきや顔つきも少しづつ変わってくると言われています。そんな時に、むくみなどで満足に二重にならず、整形を検討する人も少なくありません。

そこで今回は、そんな二重整形を検討している妊婦さんが、知っておきたい様々な情報を紹介していきたいと思います。

妊娠中に二重整形を受けることはできない

基本的に、妊娠中は美容整形の施術を受けることは難しいと言われています。痛みを緩和させるために打つ麻酔や注射などが胎児に負担をかけてしまうことから、施術を避けるべきとされています。

また、体質の変化などで薬の効き方やその日の肌質なども変わってくるため、施術を受けたとしても満足のいく仕上がりを実感できない可能性もあります。

授乳中であれば施術を受けられる場合がある

クリニックによっては授乳時であれば二重整形を受けることができる場合もあります。その場合は、使用する薬剤や麻酔などは、母乳に影響が出ない範囲で用いる必要があるため、事前に医師に授乳中であることを申告することが大切になってきます。

妊娠中・授乳中に施術を受けてしまった場合はクリニックに相談しましょう

妊娠が発覚発覚する以前に二重整形を受けてしまった場合は、思わぬ影響が母体や胎児に及んでしまう可能性もあります。そのため、そのような場合は早めに施術を受けたクリニックに相談することが大切です。

また、かかりつけの産婦人科にも相談して、対処してもらう必要もあります。

二重整形の翌日は腫れる?翌日の仕事で気をつけるべき2つの注意点!

ぱっちりとした二重に憧れて二重整形を検討している方も多いと思います。

しかし、仕事の都合でまとまった休みが取れない場合、施術を受けることは可能なのでしょうか。

ここでは二重整形の翌日の状態に焦点を当てて、翌日から仕事に復帰可能なのか、その際の注意点、ダウンタイムを抑える方法について紹介します。

二重整形とは

二重整形とはその名の通り理想の二重を作るための施術です。大きく分けて糸を用いた埋没法とメスを用いた切開法の2つの施術法があります。

埋没法

埋没法は医療用の糸と針による施術で、基本的には切開することなく二重を作ることができる方法です。

糸の結び方やその数は施術によって異なりますが、まぶたの裏側を縫い留め、糸が埋没して残り続けることで二重を維持します。施術時間は5分~20分程度体の負担やダウンタイムの症状を抑えられるのがメリットです。

ただし、施術の特性上、糸が切れると効果も失われるため効果の持続期間に限りがある点には注意しましょう。

切開法

切開法はメスによって希望する二重のライン上に切り込みを入れ、余分な脂肪や皮膚を切除することで様々なデザインの二重を作れる施術法です。

傷跡が二重のラインとして残り続けるため、半永久的な効果の持続が期待でき、また術後の形も調整しやすいため自由度が高い施術と言えます。

ただし、切開を伴うため、ダウンタイムが長引く傾向にある点や、仕上がりが気に入らない場合でも修正することが難しい点などがデメリットとして挙がります。

二重整形の手術翌日の腫れや内出血はどれくらいでる?

二重整形の翌日は、腫れや内出血が現れる可能性が高いです。基本的には切開法の方が埋没法よりも症状が強く出る傾向にあります。

また、手術による鈍い痛みが目元に残っていることも考えられるため、できるだけ安静にしておくことが重要です。

二重整形の翌日から仕事に復帰できる?

できることならば翌日から仕事に復帰することは控えた方が安全です。

埋没法の場合は、腫れや内出血が2~4日程度、長いケースで2週間程度続くと言われています。一方で切開法の場合、症状が治まるまで強い腫れや内出血は2週間、軽い腫れは1ヵ月程度必要です。

そのため、仕事への復帰は余裕を持つなら「2週間」少なくとも「1週間程度」はダウンタイムを確保することをおすすめします。

どうしても翌日から仕事に行く方の注意点

・目元のメイクはNG

施術の翌日は基本的に目元周りのメイクはできません。埋没法であれば施術の2~3日後、切開法の場合は抜糸の翌日から可能となるケースが多いです。

したがって、施術の翌日に仕事へ復帰する場合は、メイクによる傷跡のカバーはできない点に注意しましょう。サングラスなど目元に直接触れないような方法で隠す必要があります。

・できるだけ触れないようにする

どうしても翌日から仕事に復帰しなければならない場合は、内出血や腫れなどの症状が強く出てしまう可能性がある点に注意しましょう。

仕事の間も目元を擦ったり、触ったりしないように注意し、冷やすなどのケアをしてください。

ダウンタイムの症状を軽くする3つのポイント

激しい運動や長時間の入浴を避ける

激しい運動や長時間の入浴などの血行を促進するような行為は、内出血や腫れの症状を悪化させる恐れがあります。

そのため、症状が治まってくるまではできる限り避けるようにしましょう。また入浴する際はぬるいお湯を使う、半身浴にするなどの工夫が必要です。

患部をできるだけ刺激しない

術後の目元は非常にデリケートな状態です。擦ったり、引っかいたりすることのないように十分注意しましょう。洗顔やメイクが解禁されたあとも、優しく丁寧に扱うことが重要です。

また、施術後2日程度は患部を冷やすことが推奨されています。

技術・経験を持ったクリニックを選ぶ

施術を受ける前の話になりますが、ダウンタイムを軽減するには高い技術と経験を持ったクリニックで施術を受けることが重要です。技術力のある医師の場合は、より施術時の負担を抑えることができます。

費用だけではなく、所属する医師の勤続年数や、実際に施術を受けた人の声、学会での発表などを総合的に判断して比較検討してください。

また事前のカウンセリングを通じて、クリニックの対応の仕方や印象などを確認しておきましょう。

二重整形に不安があるならまずカウンセリングから

二重整形について気になることがある場合はまずクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。細かい説明は状態や仕上がりの様子を見てからでないとわからないので、実際に行って見てもらうことが一番です。

事前に口コミや評判だけでなく、症例や資格などを見て信頼できそうな医師かどうかを確認しておくといいでしょう。

二重整形の前日にやるべき2つのポイント!「◯◯」には注意が必要!

二重整形を翌日に控えた時、前日行動で仕上がりに悪影響がでる場合があります。この悪影響を出さないための注意点ややっておくと効果的なことについて今回は詳しく紹介していきます。

二重整形の手術前日に準備すべきこと

保冷剤などの患部を冷やすもの

保冷剤などで患部を冷やすアイシングは、術後の腫れ・内出血の悪化を抑制する効果があります。そのためアイシングを行えるように、ほどよい大きさの保冷剤やそれを覆うタオルなどを前日までに用意しましょう。

なぜタオルが必要なのかというと、保冷剤を患部に直接当てると凍傷や内出血の治癒スピード低下の危険性があるためとされています。

手術跡をカバーできるもの

術後のダウンタイムを終えるまでは、腫れや内出血の症状が目立ってしまいます。そのため裸眼で外出をした場合は整形バレを起こす可能性が高いです。

よって、手術跡をカバーできる眼鏡やサングラスなどが必要です。

二重整形の手術前日にやっておくといいポイント

 

仕上がりのイメージを作っておく

手術当日、術前に二重のシミュレーションを行います。このシミュレーションが最終確認になるため妥協せず時間をかけて自分の納得がいくまで行いましょう。

この際に担当医に漠然としたイメージだけを伝えると仕上がりのイメージを共有できないまま施術を行われてしまい、不自然な仕上がりになる場合があります。そのため前日までには、誰が聞いてもイメージを共有できるように具体化しておきましょう。

体調を整える

体調の偏りで術後の症状に悪影響が現れる場合があります。また体調が不調だとむくみが発生しやすく解消までの時間も長引いてしまいます。そのため手術前日は、体調を整えることに徹しましょう。

二重整形の手術前日にやってはいけないことは?

お酒は控える

お酒を体内に摂取するとアルコールの分解で大量の水分を消費するため水分不足を引き起こす可能性があります。体内が水分不足になると少しでも水分を体内に溜め込もうとする働きがあり、これがむくみの原因になります。

むくみは、術後の腫れを悪化させる危険性があり、また手術を行う際の妨げになる場合もあります。そのため手術前日は極力お酒は控えましょう。

塩分は控える

塩分には水分を吸引して溜め込む働きがあります。そのため前日に塩分が多く濃い食事を摂取するとむくみが発生する恐れがあります。手術前日は、このような食事は控えて野菜をメインにしたメニューしましょう。

身体を冷やさない

身体が冷えると代謝機能が低下し血流が悪くなります。血流が悪くなると結果的に水分を溜め込んでしまいむくみが発生します。むくみを発生させないために前日は「暖かい格好で就寝する」「入浴などを行って身体を温める」ことが大切です。

二重整形の手術内容でお悩みの方はまずカウンセリングから

二重整形について気になることがある場合はまずクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。細かい説明は状態や仕上がりの様子を見てからでないとわからないので、実際に行って見てもらうことが一番です。

事前に口コミや評判だけでなく、症例や資格などを見て信頼できそうな医師かどうかを確認しておくといいでしょう。