高校生でも二重整形を受けたい!そんな時に知っておくべきポイントを紹介

「一重が気になる」「毎日のアイプチが面倒」という高校生も少なくありません。そんな時に選択肢に挙がるのが【二重整形】です。

そこで今回は、そんな二重整形を高校生が受けようと思った時に知っておきたい情報を紹介していきたいと思います。

二重整形は高校生でも受けられる?

基本的に二重整形は高校生でも受けることが可能です。ある程度身体の作りも成熟してきており、大きな変化も見られなくなる年齢なので、目元の整形を行ったとしても問題はないと言われています。

また、高校生が二重整形を受ける場合は、費用が安い点や後々のライフスタイルや好みの変化に合わせられるように、やり直しがきく点などを考慮して「埋没法」を選択することが多いと言われています。

高校生が二重整形を受ける上で必要なものは「保護者の同意書」

ただし、高校生が二重整形を受けようとクリニックを訪れても、費用や万一の際を考慮して施術を行うことは出来ません。そのため、「保護者(親権者)の同意書」が必要になってきます。

基本的に未成年はこの同意書が必要で、入手はクリニックのホームページなどからダウンロードすることが可能です。

高校生が二重整形を受ける時の注意点

ダウンタイムを考慮する

施術に臨むにあたり、術後のダウンタイム(腫れや痛み、内出血を伴う期間)を意識して施術日を設定する必要があります。

目元の皮膚は薄く血管も多く走っているため、どのような医師でも術後はある程度の腫れや内出血を伴うと言われています。そのような状態で学校や部活に出席してしまうと、整形を行ったことがばれてしまったり、生々しい傷跡に引いてしまう友人なども少なくありません。

また、体を動かしてしまうことで腫れや内出血がより長引いてしまう可能性もあります。そのため、しっかりと休みを取れる期間(ゴールデンウイークや夏休みなどが望ましい)を確保したうえで、施術に臨むことが大切です。

費用が一括で支払えない場合、医療ローンが組めるか確認する

高校生にもなると、一定のお小遣いやバイトなどで稼いだ給料など、手元にお金を持ち合わせている人も少なくありません。しかし、そのような状況でも施術に臨む上で一括で支払いができない場合は医療ローンを組む必要があります。

中には高校生でローンを組めないケースもあるため、確認することが可能なのであれば、予約の際に一度聞いておくだけでも安心と言えます。

二重整形を検討している場合はまずカウンセリングから

二重整形について気になることがある場合はまずクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。細かい説明は状態や仕上がりの様子を見てからでないとわからないので、実際に行って見てもらうことが一番です。

事前に口コミや評判だけでなく、症例や資格などを見て信頼できそうな医師かどうかを確認しておくといいでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*