二重整形後に運動はいつから出来る?注意点や腫れた場合の対処法を紹介

一重や奥二重といったコンプレックスを改善することも可能な二重整形ですが、術後は運動などの日常生活に制限がかかることもあります。

そこで今回は、そんな二重整形後の運動に関する情報をご紹介していきたいと思います。

二重整形後はいつから運動できる?

基本的に二重整形後は、翌日から身体を動かすことが可能と言われています。当日に身体を動かしてしまうと、傷口が開いてしまったり、血流が促進してしまうことで腫れや内出血が悪化してしまったりする可能性があるからです。

また、腫れや内出血をしっかりと改善させたいのであれば、そもそも1週間ほどは安静に過ごすことが得策と言われています。

二重整形後に運動をする時の注意点は?

①軽い運動から始める

翌日から可能、とご紹介しましたが、激しい運動を行ってしまうと同様に傷跡が開いたり、患部が不衛生な状態になってしまったりします。

そのため、体を動かしたいのであれば有酸素運動などと呼ばれるウォーキングやジョギングから行うことが適していると考えられています。しかし、有酸素運動といっても、プールなどは衛生環境に不安が残るため避けた方がいいとされています。

②腫れや内出血が悪化したら即座に止める

症状が落ち着いてきた後、万が一身体を動かしている最中に腫れや内出血が見られる場合は運動を早めに切り上げて、安静に過ごすことが必要になってきます。

③運動後の汗を流す際には長湯しない

運動を行ったあと、汗を流すためにシャワーや入浴を行うと思います。しかし、その際に長湯をしてしまうと血行が良くなってしまい、腫れや内出血を引き起こしてしまう可能性があります。

そのため、症状が完全に落ち着くまでは長湯は避けることが大切になってきます。

運動を行ってしまい、腫れを引き起こした場合の対処法

①患部を冷やす

二重整形後、運動を行い腫れを引き起こしてしまった場合は、保冷剤などで患部を冷やして症状の緩和を図ることが可能です。その際に、直接保冷剤を患部に当ててしまうと肌が凍傷になってしまう恐れもあり、タオルやハンカチなどで包んだ状態でケアすることが大切です。

②枕を高くして横になる

枕元を心臓より高くすることで傷口の腫れや内出血を抑えることが可能です。この方法は事故や怪我などをしてしまった人にも行われる方法で、施術後のダウンタイムを短くするためにも効果的な方法と言えます。

二重整形でお悩みの方はまずカウンセリングから

二重整形について気になることがある場合はまずクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。細かい説明は状態や仕上がりの様子を見てからでないとわからないので、実際に行って見てもらうことが一番です。

事前に口コミや評判だけでなく、症例や資格などを見て信頼できそうな医師かどうかを確認しておくといいでしょう。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*