二重整形は未成年でも受けられる?必要なものや注意点を紹介!

大きな瞳や、ぱっちりとした眼に憧れ、二重整形で綺麗な二重を手に入れたいと考えている人は多いと思います。

プチ整形という言葉もあるように整形のハードルは近年大きく下がってきており、手軽に施術を受けられるようになってきました。もしかしたら学生の方でも夏休みや冬休みを利用して二重整形を受けてみたいという人は少なくないかもしれません。

しかし、ハードルが下がっているとはいえ二重整形も手術の一つです。未成年でも受けることは可能なのでしょうか。

ここでは未成年が二重整形を受けられるのか、その際に必要なものや注意するべき点について詳しく紹介していきます。

二重整形とは

二重整形とはその名の通り希望する二重を作るための施術を指します。大きく分けて切開をしない【埋没法】と切開を行う【切開法】という2つの施術方法があります。

埋没法

埋没法医療用の糸と針によってまぶたを縫い留めることで二重を作る方法です。ダウンタイムが少なく、施術にかかる時間も短い、いわゆるプチ整形と呼ばれるもので基本的にはメスを使いません

ただし、後戻りのリスクがあり、時間経過や糸が切れることで元の状態に戻ってしまう可能性があります。しかし、その特性から術後の仕上がりに納得がいかない場合などの修正はしやすいと言えます。

切開法

切開法メスによる切開によって二重を作る方法です。希望する二重のデザインを決めたら、そのライン上にメスをいれ、余分な脂肪や皮膚を切除します。これによって二重のタイプや線の濃さなど様々な要望に合わせた二重を作れます。

この施術法は切開を伴うため、体への負担が大きくダウンタイムは長引く傾向にあります。その分、一度施術をした場合は効果の長期的な持続を期待できます。

未成年が二重整形を受ける場合は親権者の同意書が必要

二重整形は未成年でも受けられます。しかし、施術を受ける際は基本的に同意書の提出が必須で、未成年の場合には親権者の同意が必要です。そのため両親のどちらか1人(いない場合は法的な親権者)に同意書への署名をしてもらわなければなりません。

また、一般的に1つの施術に対して1枚の同意書が必要になります。そのため、もし複数の施術を受けたいと考えている場合はその数分の同意書を用意しましょう。

未成年でもモニターへの応募や医療ローンを組むことは可能

クリニックによってはHPやパンフレットに経過や術後の写真を載せることを条件に施術の費用を通常よりも安くするモニターを募集している場合があります。

それぞれ募集する施術や条件が異なるため、詳しくはクリニックへ確認しなければなりませんが、基本的には未成年でも応募することは可能です。その場合施術の同意書とは別にモニターへの同意書が必要で、未成年の場合はこちらも親権者の署名を得る必要があります

また施術の費用は保険が適用できず高額となるため、医療ローンを希望する場合もあるかと思いますが、18歳以上であれば本人の名義でローンを組むことは可能です。ただし、18歳以上20歳未満の場合は親権者に連帯保証人となってもらう必要があります。また未成年を理由に審査が通らないケースもあるため注意してください。

18歳未満の場合は親権者名義でないとローンを組むことはできません

医療ローンを組む際に必要なもの

未成年が医療ローンを組むときは身分証明書、銀行届印鑑、銀行口座番号がわかるもの(通帳またはキャッシュカード)、学生の場合は学生証、親権者の同意書などが必要になります。

クリニックによって提出しなければならないものが異なる可能性があるため詳しくは手術を受ける際に確認するようにしましょう。

未成年が二重整形を受ける場合の注意点

同意書だけではなく保護者の同伴や電話確認が必要な場合がある

ほとんどのクリニックでは同意書の提出だけではなく、同意書に親権者本人が署名したかどうかの電話確認や実際に保護者の同伴を求めてきます。そのため親権者の同意が得られないからといって自分でサインしたり代筆を頼んだりしても手術を受けることはできません。

術後のトラブルを防ぐためにも、不正な同意書を用意することは絶対にやめましょう

当日に予定外の施術を受けることはできない

1つの施術に対して同意書は1枚ずつ必要になります。そのため施術当日に別の施術を組み合わせて行いたいとなった場合でも同意書のない施術を行うことはできません

その場合は別の同意書を用意し、また日程を改めて施術しなければならず、二度手間となってしまいます。こういった事態を避けるためにも事前のカウンセリングはしっかり行い、自分の希望を明確にしておきましょう

成長に伴ってデザインが変わってしまうことがある

未成年の場合、まだ顔の造形や身体の成長が完成されていない場合があります。その状態で美容整形を受けたとしても、成長にともなって顔の印象が変わったときに整形した部分とバランスが取れず違和感が現れたり、二重の形が変わってしまったりする可能性があります。

もし未成年で二重整形に限らず美容医療を受けることを考えている場合は、本当に必要な施術かどうかをよく考え、カウンセリングなどをより入念に行って自分に合った施術を選ぶことが重要です。

二重整形を検討中ならまずはカウンセリングから

二重整形について気になることがある場合はまずクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。細かい説明は状態や仕上がりの様子を見てからでないとわからないので、実際に行って見てもらうことが一番です。

事前に口コミや評判だけでなく、症例や資格などを見て信頼できそうな医師かどうかを確認しておくといいでしょう。

高校生でも二重整形を受けたい!そんな時に知っておくべきポイントを紹介

「一重が気になる」「毎日のアイプチが面倒」という高校生も少なくありません。そんな時に選択肢に挙がるのが【二重整形】です。

そこで今回は、そんな二重整形を高校生が受けようと思った時に知っておきたい情報を紹介していきたいと思います。

二重整形は高校生でも受けられる?

基本的に二重整形は高校生でも受けることが可能です。ある程度身体の作りも成熟してきており、大きな変化も見られなくなる年齢なので、目元の整形を行ったとしても問題はないと言われています。

また、高校生が二重整形を受ける場合は、費用が安い点や後々のライフスタイルや好みの変化に合わせられるように、やり直しがきく点などを考慮して「埋没法」を選択することが多いと言われています。

高校生が二重整形を受ける上で必要なものは「保護者の同意書」

ただし、高校生が二重整形を受けようとクリニックを訪れても、費用や万一の際を考慮して施術を行うことは出来ません。そのため、「保護者(親権者)の同意書」が必要になってきます。

基本的に未成年はこの同意書が必要で、入手はクリニックのホームページなどからダウンロードすることが可能です。

高校生が二重整形を受ける時の注意点

ダウンタイムを考慮する

施術に臨むにあたり、術後のダウンタイム(腫れや痛み、内出血を伴う期間)を意識して施術日を設定する必要があります。

目元の皮膚は薄く血管も多く走っているため、どのような医師でも術後はある程度の腫れや内出血を伴うと言われています。そのような状態で学校や部活に出席してしまうと、整形を行ったことがばれてしまったり、生々しい傷跡に引いてしまう友人なども少なくありません。

また、体を動かしてしまうことで腫れや内出血がより長引いてしまう可能性もあります。そのため、しっかりと休みを取れる期間(ゴールデンウイークや夏休みなどが望ましい)を確保したうえで、施術に臨むことが大切です。

費用が一括で支払えない場合、医療ローンが組めるか確認する

高校生にもなると、一定のお小遣いやバイトなどで稼いだ給料など、手元にお金を持ち合わせている人も少なくありません。しかし、そのような状況でも施術に臨む上で一括で支払いができない場合は医療ローンを組む必要があります。

中には高校生でローンを組めないケースもあるため、確認することが可能なのであれば、予約の際に一度聞いておくだけでも安心と言えます。

二重整形を検討している場合はまずカウンセリングから

二重整形について気になることがある場合はまずクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。細かい説明は状態や仕上がりの様子を見てからでないとわからないので、実際に行って見てもらうことが一番です。

事前に口コミや評判だけでなく、症例や資格などを見て信頼できそうな医師かどうかを確認しておくといいでしょう。

二重整形にはどんな種類がある?埋没法と切開法の方法の違いは?

は人の印象を決める大事なパーツです。そのため一重にコンプレックスを持っていたり、ぱっちりとした二重に憧れて二重整形を考えている人もいると思います。

では二重整形の具体的な方法はどんなものがあり、それぞれどんな特徴があるのでしょうか。

ここでは二重整形の種類とそれぞれのメリット・デメリット、整形後のデザインの参考として二重まぶたの種類について紹介してきます。

二重整形の種類は大きく「埋没法」と「切開法」の2種類

メスを使わず縫い留める埋没法

埋没法メスを使わずに医療用の糸と針を用いて二重を作る施術でその持続期間には限りがあります。

糸はまぶたの中に留まり、二重のラインを維持し続けますが、留める箇所や数によって施術後の二重の形をデザインすることが可能です。また、留める数が多いほど施術の持続も長くなる傾向があります。

□メリット□
埋没法のメリットはメスを使わないという手軽さとそれにともなうダウンタイムの短さです。抜糸の必要もないため、施術後の通院もいりません。

施術時間は5~20分程度で、洗顔や軽い入浴ならば当日から可能です。

また、糸を切ればまぶたの状態は元に戻るため、修正がしやすいことも利点として挙げられます。

□デメリット□
持続期間に限りがあるという特徴があります。特に1点しか留めない施術の場合はその特徴が顕著です。持続的な効果を望む場合は、施術を繰り返し費用がかさんでしまう可能性があります。

また稀ではありますが、埋没させた糸が透けたり、糸が出てきて眼球に違和感が現れるリスクが考えられます。

メスを使い半永久的な効果のある切開法

切開法は、二重にしたいラインの上から切開を行い余分な脂肪や皮膚を除去することで、二重を作る施術です。

クリニックによっては効果の持続を高めるために挙筋と呼ばれるまぶたを引き上げる筋肉を固定する施術を同時に行うところもあります。

□メリット□
効果が半永久的に持続する点が大きなメリットです。また二重のラインも深くはっきりとしたものを作れます。

その他にも二重のデザインを細かく行いやすい、脂肪やたるみの除去によって目元がスッキリするなどの利点が挙げられます。

□デメリット□
切開をともなう施術のためダウンタイムが長くなる傾向があります。目安としては強い腫れが1~2週間程度続き、時間経過でだんだんと目立たなくなっていくようです。そのため、施術を受ける際はまとまった休みが必要になります。

そして切開の跡が目立ちやすいという点にも注意しなければなりません。目を開いているときにはわからなくても、目を閉じると手術の跡が分かってしまう可能性があります。

また、皮膚や脂肪の切除をともなうため、施術後に仕上がりが気に入らなくても修正が難しい点もデメリットです。

二重まぶたの種類は大きく「平行型」と「末広型」の2種類

一口に二重まぶたといっても様々な種類がありますが、大きく「平行型」と「末広型」に分けることができます。

くっきりとした印象の平行型

目頭から目尻まで目と平行のラインが出ている二重が平行型です。欧米人に多く、目がくっきりと強調されます。またメイク映えしやすいとも言われています。

ナチュラルな末広型

末広型は二重のラインが目頭と繋がっており、目尻へ行くにしたがって幅が広くなるタイプの二重です。二重の日本人はほとんどこの末広型だといわれており、違和感の少ないナチュラルな印象を与えます。

二重整形後の腫れを抑える方法

施術後の腫れや痛みを抑えるためにはできるだけ安静に過ごすことが重要です。特に切開法の場合はダウンタイムの期間も長く症状も強いため術後のケアが大切になります。

まず長時間の入浴、激しい運動、アルコールの摂取など血行を促進するような行動は症状を悪化させる恐れがあるため落ち着くまでは控えた方が安心です。

またまぶたを冷やすことで腫れを抑える効果が期待できるため術後2日程はアイシングを行うことが推奨されています。

具体的なメイクやシャワー・入浴の解禁はクリニックや施術によっても異なるためしっかりと医師の話を聞き指示を守るようにしましょう

二重整形で失敗しないためのポイント

二重整形の施術を選ぶ際はそれぞれのメリット・デメリットをしっかり理解した上で、自分の希望やライフスタイルとバランスを取りながら決めるようにしましょう。

また、未熟だったり経験の浅い医師による施術は、希望通りの結果にならなかったり、内出血や腫れなどのリスクを高めたりする場合があります。できるかぎり施術経験の豊富な技術力の高いクリニックを選んでください。

そのためには、費用だけではなく、クリニックに在籍する医師の勤続年数や学会の発表、実際に施術を受けた人の声などを総合的に判断して検討することが重要です。

それに加えて、実際のカウンセリングを通してクリニックの印象や、対応の仕方、清潔感などを確かめるようにしましょう。

二重整形でお悩みの方はまずカウンセリングから

二重整形について気になることがある場合はまずクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。細かい説明は状態や仕上がりの様子を見てからでないとわからないので、実際に行って見てもらうことが一番です。

事前に口コミや評判だけでなく、症例や資格などを見て信頼できそうな医師かどうかを確認しておくといいでしょう。

二重整形は痛い?埋没法の痛みや麻酔・抜糸の痛みを解説!

は人の印象を左右する重要なパーツです。そのため、毎朝アイプチやお化粧などで魅力的に見せようと努力している方も多いと思います。なかにはパッチリとした二重に憧れて整形を考えている人もいるのではないでしょうか。

プチ整形という言葉に代表されるように整形のハードルは下がってきていますが、いざ受けるとなるとどのくらい痛むのかが気になってためらってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は二重整形の痛みについて、施術中や施術後、麻酔、抜糸などにも触れながら紹介していきます。

二重整形とは

二重整形は理想の二重を作るための施術です。大きく分けてまぶたを切らない【埋没法】とまぶたを切る【切開法】の2つに分けられます。

医療用の糸と針を用いた埋没法

埋没法は医療用の糸と針を用いたメスを使わない二重整形です。まぶたを1~数か所、糸で縫い留めて二重を作ります。そしてその糸がまぶたに埋没したまま縫い留め続けることで二重が維持されます。

施術時間は5~20分程度と短く、ダウンタイムが軽い点がメリットです。しかし、効果の持続力には限りがあり、その期間は縫い留め方やその数など施術の方法によっても左右されます。

メスによる切開を伴う切開法

切開法はメスによってまぶたを切開することで二重を作る施術法です。希望のライン上で切開を行い、余計な脂肪や皮膚を除去することで多様な二重をデザインできます。

切開をともなう外科手術のため、ダウンタイムが長引いたり腫れが強く出たりする傾向にありますが、効果の持続は長いと言われています。

二重整形の施術中は麻酔によってほとんど痛みを感じない

二重整形の施術の際はまず麻酔を行うため、施術中にはほとんど痛みを感じないとされています。しかし、麻酔をする際に痛みを感じることがあるようです。

二重整形ではほとんどの場合、局所麻酔が用いられますが、これは注射によって施術部に麻酔薬を注入する方法です。そのため、この麻酔の注射による痛み麻酔薬が注入されることによる鈍痛が施術の痛みとして挙げられます。

クリニックによっては麻酔時の痛みを軽減するために、点眼薬やクリーム、笑気麻酔と呼ばれるガスによる麻酔を施すところもあります。痛みに弱い方や、不安な場合は前もってクリニックにそれらの措置が可能かどうか確認しましょう。

二重整形の施術後は腫れや内出血とともに痛みが現れることがある

埋没法はまぶたの表面と裏側に3日~1週間程度痛みが出る可能性がある

二重整形は埋没法、切開法いずれも施術後に腫れや内出血が現れ、それに伴った痛みが続くことが考えられます。

埋没法の場合、強い腫れは4~5日程度、弱い腫れは2週間程度でだんだんと治癒していきます。また表面に現れる腫れからくる痛みの他に、まぶたの裏側に異物感や痛みが現れることがあります。これは眼球が感じる痛みで、糸が完全に埋没するまで3日~1週間程度続くことがあるようです。

もしまぶたの裏の痛みが目安の期間を大きく超えても引かなかったり、刺すような強い痛みが現れた場合は、糸がほどけて眼球に触れたり、施術中にまつ毛をまきこんだりしている可能性があるため速やかに施術を受けたクリニックに相談してください。

切開法は腫れや痛みが2週間ほど続き抜糸が必要になる

切開法の場合はまぶたの切開をともなうため負担が大きく、強い腫れや痛みは2週間程度、弱い腫れは1~2ヶ月程度持続するようです。

また施術後5日~7日程度抜糸が必要になり、その際に引っ張られるような軽い痛みを伴う場合がありますが、一般的には麻酔の必要がない程度の痛みであることがほとんどです。

できるだけ痛みを残さないためにできること

麻酔の痛みを抑えるための麻酔を行えるか確認する

前述のようにクリニックによっては麻酔時の痛みを緩和するために麻酔を行うなど様々な工夫を行っている場合があります。

痛みが不安な方や苦手な方は、事前のカウンセリングなどでその旨を伝え、できるだけ痛みを軽減できるようなクリニックを選択するようにしましょう。

経験豊富な技術力の高いクリニックを選ぶ

未熟な医師や経験の浅い医師による施術の場合、腫れや内出血が強く出たり術後の痛みが長引いたりするリスクが高まります。

そうした施術の痛みを抑えるためにはできるだけ経験豊富で技術力の高いクリニックを探すようにしてください。

そのためには所属する医師の勤続年数や、施術の実績、実際に施術を受けた人の声などを総合的に判断する必要があります。また、事前のカウンセリングを通してクリニックの印象や対応を確認することも重要です。

痛みを緩和するためにできること

施術後にアイシングを行う

施術後の痛みを長引かせないためには、腫れや内出血をケアすることが大切です。そのために、施術後2日程度はまぶたを冷やし腫れに対処することが推奨されています。

特にダウンタイムが強く表れる切開法の場合は医師の指示に従って適切なケアを行いましょう。

できるだけまぶたを刺激するような行為を避ける

施術後のまぶたはとてもデリケートな状態です。痛みや腫れをいたずらに長引かせないためにも擦ったり引っ張ったりするなどの行為は避けるようにしましょう。

また埋没法の場合は糸が切れることで二重が元の状態に戻ってしまう可能性があります。したがってまぶたを不用意に刺激することは後戻りのリスクを高めることにもつながるため、腫れや痛みが引いた後もできるだけ気を付ける必要があります。

二重整形でお悩みの方はまずカウンセリングから

二重整形について気になることがある場合はまずクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。細かい説明は状態や仕上がりの様子を見てからでないとわからないので、実際に行って見てもらうことが一番です。

事前に口コミや評判だけでなく、症例や資格などを見て信頼できそうな医師かどうかを確認しておくといいでしょう。

二重整形の腫れについて|症状が続く期間や早く治すための対処法を紹介

手軽に二重を作ることができる二重整形は、そのイメージからか比較的多くの人が受けている施術です。そこで今回は、そんな二重整形の腫れについて紹介していきたいと思います。

そもそも二重整形とは

二重にすることが出来る施術は【埋没法】【切開法】と呼ばれる2種類に大別できます。こうした施術の手法によって、腫れの状態や程度なども変わってくるため、自身の受ける二重の整形方法はしっかりと把握しておく必要があります。

埋没法

まぶたに医療用の糸を挿入することで、希望の二重を作ることができる施術です。施術を行う時間も5分~20分と短く、万が一仕上がりに満足いかなかった場合でも、糸を取り除くことで施術を行う前とほぼ同じ目元を取り戻すことが可能な施術です。

一方で、時間が経つにつれて糸が切れてしまう可能性もあるため、継続的な効果を期待するのであれば、向いていない施術方法と言えます。

切開法

目元の余分な皮膚や脂肪を切開、切除することによって二重を作り出すことができる施術です。この施術は後戻りしてしまう可能性はなく、継続的な二重を手に入れたい人や、元々目元の皮膚や脂肪が多く、埋没法では二重を作りづらい人などにも効果的な施術です。

しかし、一度施術を行ってしまうと修正は難しいため、医師の技術力などをあらかじめしっかりとリサーチした状態で施術に臨む必要があります。

二重整形の腫れが出る期間

二重整形の腫れが続く期間は施術方法によって変わってきます。埋没法であれば、体への負担もそこまで深刻にならないため、大きな腫れは4~5日程度、小さな腫れは2週間程度で改善していくとされています。

一方、切開法は切開を伴うことから埋没法と比べると腫れの症状が長引いてしまう可能性があり、大きな腫れは2週間程度、小さな腫れは1~2か月程度続くと言われています。

二重整形の腫れを早く治す方法

①患部を冷やす

施術によって内出血が起きてしまい、腫れてしまうことが多いと言われています。そのため、患部を冷却することで血流を緩やかにして、内出血や熱感を伴う腫れに効果的に対処することが可能になります。

②安静に過ごす

前述したように、血流を促進してしまうことで腫れの症状が悪化してしまう可能性があります。そのため、飲酒や激しい運動、入浴などは避ける必要があります。

③クリニックに受診する

そうした対処をしても、なお腫れが改善しない場合は、感染症やアレルギーによる症状であることも考えられます。

こうした場合は、適切に対処しないと症状の悪化を引き起こしてしまう可能性もあるためクリニックに相談することが必要です。

二重整形の腫れを出さないためには【医師選び】を十分に行う

出来る限り腫れを出したくないのであれば、施術を行う医師を、あらかじめしっかりと精査することが大切になってきます。

目元は腫れてしまいやすい部位ですが、経験や症例数を重ねている医師であれば施術の二重の仕上がりだけでなく、術後の腫れや内出血までカバーすることも可能です。

医師の経歴や持っている専門医の資格、学会での発表内容などを参考に、信頼できるクリニックを探すことが大切です。

 二重整形を検討しているなら、まずカウンセリングから

二重整形について気になることがある場合はまずクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。細かい説明は状態や仕上がりの様子を見てからでないとわからないので、実際に行って見てもらうことが一番です。

事前に口コミや評判だけでなく、症例や資格などを見て信頼できそうな医師かどうかを確認しておくといいでしょう。

二重整形で起こる6つの失敗例|リスクを避けるためのポイントは?

目元のコンプレックスを改善することができる二重整形を他院で受けた後に「失敗してしまった…」という声もしばしば見かけます。そこで今回は、そんな二重整形の失敗に関して知っておきたい様々な情報をご紹介していきたいと思います。

そもそも二重整形とは

二重にすることが出来る施術には大きく分けて【埋没法】【切開法】と呼ばれる2種類に分けることができます。こうした施術の手法によって、身体への負担や内出血の程度なども変わってくるため、自身の受ける二重の整形方法はしっかりと把握しておく必要があります。

埋没法

まぶたに医療用の糸を挿入することで、希望の二重を作ることができる施術です。万が一仕上がりに満足いかなかった場合でも、糸を取り除くことで以前と同じような目元を取り戻すことが可能な施術です。

一方で、時間が経つにつれて糸が切れてしまう可能性もあるため、継続的な効果を期待するのであれば、向いていない施術方法と言えます。

切開法

目元の余分な皮膚や脂肪を切開、切除することによって二重を作り出すことができる施術です。こうした施術は後戻りしてしまう可能性はなく、継続的な二重を手に入れることができます。また、元々目元の皮膚や脂肪が多く、埋没法では二重を作りづらい人などにも効果的な施術です。

しかし、一度施術を行ってしまうと修正は難しいため、医師の技術力などをあらかじめしっかりとリサーチした状態で施術に臨む必要があります。

二重整形で起こりうる失敗例

①二重のデザインが違う

仕上がりのデザインが本来想定していたものと違ってきてしまうことがあります。二重幅や形といったケースだけでなく、左右差や目の大きさなども希望通りにならなかった…ということもままあります。

この場合、施術を行った医師の技量不足という点だけでなく、事前に行うカウンセリングでしっかりと仕上がりのイメージを医師と共有していないことが原因と考えられます。

②腫れや内出血が続く

目元は皮膚が薄く、細かい血管も数多く走行しているので腫れや内出血は出てしまいます。基本的には、そうした症状は時間と共に落ち着いていきますが、施術を終えてから、いつまでたっても変化が見られない場合は細菌感染や何らかの異常がある可能性があります。

③二重が取れてしまう

二重整形の中でも埋没法は医療用の糸で留めているため、いつか元に戻ってしまうと言われています。しかし、一般的には数年持つはずの糸が術後すぐに切れてしまうことで二重が元に戻ってしまう可能性も考えられます。

そうしたケースでは、まぶたの脂肪や皮膚の厚みなどに適した点数を留めることや、そもそもの留め方や留める箇所などを適切に見極めないと起きてしまうと言われています。

④糸の露出、膨らみが目立つ

先ほども記載したように、埋没法は医療用の糸を使用してまぶたを留めることで二重を作ります。しかし、その際に十分な処置が施されなかった場合は、医療用の糸が出てしまったり、そもそもの糸が膨らんで目立ってしまうことも考えられます。

特に糸の露出はそのままにしてしまうと、瞬きの際に痛みを生じたり、眼球を傷つけたりしてしまうこともあり、最悪の場合は失明してしまうことも考えられ、十分に注意する必要があります。

⑤傷が目立ってしまう

二重整形でも切開法の場合は、まぶたの表面から切開するため傷跡が残ってしまいやすいと言われています。技量の高い医師のもとで施術を行うのであれば、二重のシワに合わせて目立たせずに処置することも可能ですが、経験の浅い医師だと、切開跡が大きく残ってしまい、新たなコンプレックスを抱えてしまう可能性もあります。

⑥目元の違和感

元々一重や奥二重の人が二重に変わることで、目元に違和感を覚えることがあります。こうした症状は時間と共に慣れてくると言われていますが、いつまで経っても改善が見られないようであれば、一度医師の診察を受けることが必要になってきます。

二重整形で失敗しないためのポイント

①クリニック選びは慎重に行う

基本的に目元の施術は、特に仕上がりやダウンタイムにこだわるので有れば、医師の技術力をしっかりと見極めてから施術に臨むことが大切になってきます。

未熟な医師による二重整形を受けてしまうと、紹介した失敗のケースや思わぬトラブルに繋がってしまうことも少なくありません。

そのため、クリニックを選ぶ際は、事前に医師の経歴や専門医資格、症例数や学会活動などを参考に、信頼できる医師を選択することが大切です。

②カウンセリングは納得いくまで行う

二重の形や幅などの目元の仕上がりを失敗したくないのであれば、カウンセリングを入念に行うことも大切になってきます。

その際は、自身の希望を通すだけでなく、自身のまぶたの状態を見た医師の提案なども聞いたうえで、しっかりとすり合わせた意見を共有することも大切です。

③自分に合った二重幅にする

”似合う”二重の幅は、人によって大きく違います。そのため、「とにかく二重幅を広く!」といった要望は、施術後の後悔を招いてしまい、結果的に後戻りやダウンタイムが長引いてしまうというケースも考えられます。

そのためにも、前述した医師の提案もしっかりと耳を傾けて、適切な二重を目指すことも大切になります。

二重整形で失敗した‥と感じたらクリニックに相談しよう

二重整形について気になることがある場合はまずクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。細かい説明は状態や仕上がりの様子を見てからでないとわからないので、実際に行って見てもらうことが一番です。

事前に口コミや評判だけでなく、症例や資格などを見て信頼できそうな医師かどうかを確認しておくといいでしょう。

二重整形による二重の持続期間|埋没法と切開法でどっちが長持ちする?

二重整形は理想の二重を形成することが可能な整形法です。いくつかの術式があり、それぞれに特徴があります。その上で、今回は二重整形の持続期間について詳しく紹介していきたいと思います。

二重整形とは

二重整形とは、埋没法と切開法の2種類があります。どちらもまぶたにアプローチして理想な二重を作ることができる手術方法です。

埋没法

埋没法は糸を使用して二重ラインを作ります。そのため切開法よりも身体への負担が少なくダウンタイムの症状が軽いです。また挿入した糸を抜糸することで元のまぶたに戻すことできます。こうした点を踏まえて、「長期休暇が取れない」「手術が怖い」といった方に向いている施術方法です。

切開法

切開法は、メスを使用して二重ラインを作ります。切開法はメスを使用するため埋没法よりも身体に負荷がかかります。しかし、まぶたを切開するので理想な位置に二重ラインを形成することが可能で、デザインの自由度が高いです。「二重ラインのデザインにこだわりたい」という方に向いている手術方法です。

二重整形による二重はどれくらい持つのか?

埋没法の場合

埋没法は、糸の劣化や年月により糸が切れてしまうので持続期間はだいたい3~5年間とされています。しかし、まぶたに負荷をかけない生活を送ることでこの期間以上に二重ラインを維持することも可能で、10年以上糸が切れない方もいます。

切開法の場合

切開法は切除した後に皮膚を縫合するため持続期間は半永久的です。しかし、その分修正が難しく一度手術を行ってしまうと埋没法のように気軽にデザインの変更はできません。そのため手術を行う際は、納得がいくまで担当医と相談した上で手術を行ってください。

稀に加齢や生活習慣が原因で二重がなくなる場合があります。これは、まぶたへの負荷が蓄積することで起きてしまうと言われています。

二重整形の持続期間を長持ちさせる方法

➀目元を触れすぎない

アレルギー反応などで目元を大きくこすってしまうと患部が開く恐れがあります。また埋没法の場合は糸が切れる危険性があるので極力触れないようにしましょう。

②バランスのよい食事を摂る

偏食や過剰摂取を行うと体に脂肪が溜まったり、むくんだりしてしまうことでまぶたを分厚くなります。まぶたが分厚くなると「二重ラインの幅が広くなってしまう」「挿入している糸に負荷がかかる」といった症状が現れ、二重が消失してしまう原因になります。

よって、二重形成を終えた後もバランスのよい食事を心がけましょう。

③留める点数を増やす(埋没法のみ)

埋没法は、留める点数を増やすことで糸の耐久性や持続性を長持ちすることが可能です。しかし、点数が増える程にダウンタイムの症状や費用が大きくなるので注意が必要です。

④眼窩脂肪を吸引する(切開法のみ)

切開法を行う場合、眼窩脂肪を吸引することでより綺麗な二重をつくることができます。またまぶたの脂肪がなくなると患部の負荷が減ります。これにより加齢や生活習慣でおこる二重消失の確率を減らすことができます。

二重整形は自分に合った術式を選ぶことが大切

二重整形の持続期間をなるべく長持ちにしたい場合は、自分に合った術式を選ぶことが大切です。それを素人目で判断することは困難のため二重整形を検討している方は一度クリニックへ相談にいきましょう。

クリニックには数多くの治療方法や専門知識に長けた医師がいるのであなたの問題を瞬時に解決する道を提示してくれます。

二重整形でお悩みの方はまずカウンセリングから

二重整形について気になることがある場合はまずクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。細かい説明は状態や仕上がりの様子を見てからでないとわからないので、実際に行って見てもらうことが一番です。

事前に口コミや評判だけでなく、症例や資格などを見て信頼できそうな医師かどうかを確認しておくといいでしょう。

二重整形後に運動はいつから出来る?注意点や腫れた場合の対処法を紹介

一重や奥二重といったコンプレックスを改善することも可能な二重整形ですが、術後は運動などの日常生活に制限がかかることもあります。

そこで今回は、そんな二重整形後の運動に関する情報をご紹介していきたいと思います。

二重整形後はいつから運動できる?

基本的に二重整形後は、翌日から身体を動かすことが可能と言われています。当日に身体を動かしてしまうと、傷口が開いてしまったり、血流が促進してしまうことで腫れや内出血が悪化してしまったりする可能性があるからです。

また、腫れや内出血をしっかりと改善させたいのであれば、そもそも1週間ほどは安静に過ごすことが得策と言われています。

二重整形後に運動をする時の注意点は?

①軽い運動から始める

翌日から可能、とご紹介しましたが、激しい運動を行ってしまうと同様に傷跡が開いたり、患部が不衛生な状態になってしまったりします。

そのため、体を動かしたいのであれば有酸素運動などと呼ばれるウォーキングやジョギングから行うことが適していると考えられています。しかし、有酸素運動といっても、プールなどは衛生環境に不安が残るため避けた方がいいとされています。

②腫れや内出血が悪化したら即座に止める

症状が落ち着いてきた後、万が一身体を動かしている最中に腫れや内出血が見られる場合は運動を早めに切り上げて、安静に過ごすことが必要になってきます。

③運動後の汗を流す際には長湯しない

運動を行ったあと、汗を流すためにシャワーや入浴を行うと思います。しかし、その際に長湯をしてしまうと血行が良くなってしまい、腫れや内出血を引き起こしてしまう可能性があります。

そのため、症状が完全に落ち着くまでは長湯は避けることが大切になってきます。

運動を行ってしまい、腫れを引き起こした場合の対処法

①患部を冷やす

二重整形後、運動を行い腫れを引き起こしてしまった場合は、保冷剤などで患部を冷やして症状の緩和を図ることが可能です。その際に、直接保冷剤を患部に当ててしまうと肌が凍傷になってしまう恐れもあり、タオルやハンカチなどで包んだ状態でケアすることが大切です。

②枕を高くして横になる

枕元を心臓より高くすることで傷口の腫れや内出血を抑えることが可能です。この方法は事故や怪我などをしてしまった人にも行われる方法で、施術後のダウンタイムを短くするためにも効果的な方法と言えます。

二重整形でお悩みの方はまずカウンセリングから

二重整形について気になることがある場合はまずクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。細かい説明は状態や仕上がりの様子を見てからでないとわからないので、実際に行って見てもらうことが一番です。

事前に口コミや評判だけでなく、症例や資格などを見て信頼できそうな医師かどうかを確認しておくといいでしょう。

 

二重整形を受けた後で運転はしていいの?行う際の注意点など紹介

二重整形はコンプレックスだった一重を改善して二重にすることで、目元の印象を大きく変えることができる施術です。

そんな施術を終えた後、車で帰宅を検討している方もいるのではないでしょうか?しかしそこには、思わぬ注意点が存在しています。

そこで今回は、そんな二重整形後の運転に注目して、知っておきたい様々な情報をご紹介していきたいと思います。

二重整形の直後に運転はしてもいい?

クリニックや医師の見解にもよりますが、基本的に車の運転に関しての制限はありません。また、二輪車に関しても同様に制限はありません。しかし、バランス感覚が鈍るケースもあるため、注意が必要です。

二重整形後に運転をする時の注意点は?

①コンタクトレンズを着用することは出来ない

車両の運転に伴い、眼鏡などの視力矯正という制限がついている人は少なくありません。しかし、その際にコンタクトレンズで視力の矯正を行っている人は、まぶたに負担がかかることから施術直後は着用することができず、運転を行うことができません。

よって、当日は視力に適した眼鏡を持参したうえで施術に臨むことが大切になります。

②まぶたが開きづらいことがある

腫れや内出血を伴う二重整形は、術後、視野が狭くなってしまうことがあります。その状態で運転を行うと前方との距離が分かりにくくなってしまうことも考えられます。

仕上がりや腫れの具合によっては、帰宅する際は公共交通機関などを利用することが大切になってくることもあるため、臨機応変に対応する必要があります。

施術を受けたあとの運転は、細心の注意を払うことが大切

このように、二重整形を行った後の運転は可能ではあるものの、制限や危険性を含んでいます。どうしても運転をして帰るというのであれば、普段の運転以上に慎重に行うことが大切になってきます。

妊娠中や授乳中では二重整形は受けられない?理由や受けた場合の対処法を紹介

妊婦になると体つきや顔つきも少しづつ変わってくると言われています。そんな時に、むくみなどで満足に二重にならず、整形を検討する人も少なくありません。

そこで今回は、そんな二重整形を検討している妊婦さんが、知っておきたい様々な情報を紹介していきたいと思います。

妊娠中に二重整形を受けることはできない

基本的に、妊娠中は美容整形の施術を受けることは難しいと言われています。痛みを緩和させるために打つ麻酔や注射などが胎児に負担をかけてしまうことから、施術を避けるべきとされています。

また、体質の変化などで薬の効き方やその日の肌質なども変わってくるため、施術を受けたとしても満足のいく仕上がりを実感できない可能性もあります。

授乳中であれば施術を受けられる場合がある

クリニックによっては授乳時であれば二重整形を受けることができる場合もあります。その場合は、使用する薬剤や麻酔などは、母乳に影響が出ない範囲で用いる必要があるため、事前に医師に授乳中であることを申告することが大切になってきます。

妊娠中・授乳中に施術を受けてしまった場合はクリニックに相談しましょう

妊娠が発覚発覚する以前に二重整形を受けてしまった場合は、思わぬ影響が母体や胎児に及んでしまう可能性もあります。そのため、そのような場合は早めに施術を受けたクリニックに相談することが大切です。

また、かかりつけの産婦人科にも相談して、対処してもらう必要もあります。